トップ / シミクリニックでおくすりで治療

シミクリニックのレーザー

シミクリニックでおくすりで治療

おくすりでの治療もシミクリニックで

レーザー光線やピーリングのような治療よりも、地道なセルフケアと、効果の高いおくすり治療でケアしていきたいという気持ちもやはり捨てきれない私。美容クリニックで相談してみたところ、「おくすりだけの治療も可能ですよ」とのこと。おくすりでシミ治療を行うのなら、どんな薬剤が使われるのでしょう。クリニックからもらったお薬表を見ながらリサーチしてみました。大きく分けて、直接シミに塗る外用薬と、服用する内用薬があります。

■シミのおくすり治療に使う外用薬
強い効果がある外用薬のためシミ部分にだけ慎重に塗ることが重要です。ただ、どちらの外用薬も水で簡単に洗い流せるので、それほど緊張して使う必要はありません。

【トレチノイン】
ビタミンA誘導体の一種である「レチノイド」によってシミ退治を行ってくれるのがトレチノイン軟膏です。肌の表皮にある細胞をはがす強力な効果があります。その結果ターンオーバーが活性化します。表皮の細胞がさかんに代謝することで、沈着してシミとなっているメラニンを自然な形で排出することができるのです。同時にコラーゲンを生成してお肌の張りや弾力を取り戻すことができます。

【ハイドロキノン】
メラニン色素を抑える働きがあるのがこのハイドロキノンです。メラニンを生成するメラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑制してくれるのです。このメラニン抑制効果はすばらしく強い漂白作用で美白成分として様々は化粧品や薬剤に使用されています。

■シミのおくすり治療に使う内用薬
メラニン色素の排出のためターンオーバーを整えるタイプと、女性ホルモン分泌の乱れで起きる肝斑治療に使うタイプの2つがあります。

【L-システイン】
肌のターンオーバーを整える効果があり、メラニン生成抑制効果が期待できます。結果としてメラニンを自然に排出することを促してくれます。

【ビタミンC】
美白、美肌といえばこのビタミンです。肌の土台となるコラーゲンの生成に欠かせない存在であり、高い抗酸化作用によって色素沈着を緩和します。人間の体内で作り出せないビタミンのため、定期的にサプリメントや食べ物から摂取する必要があります。

Copyright © シミクリニックのレーザー治療の効果 All rights reserved